Photography: Shinmaiko・新舞子

Like most beaches in industrialized nations Japanese beaches offer a real mishmash of ideas and personalities. On the one hand you have the natural beauty of the Pacific Ocean, the Philippine Sea, and the Sea of Japan, and on the other ugly ports, refineries, and wind turbines. Combined with a random slice of Japanese society, from teenage dropouts, to pro athletes, to over-worked salarymen and picnicking families, the beaches in this part of the world have a lot to offer the inquisitive viewer. These photos are quick sketches of rough ideas that I hope to improve on this summer. And in keeping with the mix of ideas I think I used 3 different types of film for these photos. Hence the colour shifts. Like I said, rough ideas. 他の先進国と同じように、日本のビーチでは様々な人や考えがゴチャゴチャにミックスされた状態になっています。太平洋、日本海、フィリピン海の美しい風景の一方で、人工の見苦しい港、精油所や風力タービンなども見られます。それに加えて、日本社会の様々な人々も見られます。スポーツ選手からピクニック中の家族、過重労働のサラリーマンや社会からドロップアウトしてる少年まで。現在の日本に関心の強い人にとっては、ビーチは興味深い場所になると思います。 この写真はラフで、未完成品です。今年の夏、またビーチに行って、テーマを決めてからもう一度撮ってみたい。 ゴチャゴチャなビーチと同じように、使ったフィルムも様々。だから色が変わっています。 この時点ではまだラフなアイデアです。